久しぶりのセッション - 「オリーブの小枝」

先日、昔からお世話になっている

ジャズ喫茶のママさんが

私の父の訃報を最近知ったと

御線香をあげに来て下さった。

なかなかセッションに出かける気持ちになれなかった私は、

ママのお心遣いがとても嬉しく

ありがたかった。

今夜はママさんにお礼も兼ねて

久しぶりにホームグラウンドのジャズ喫茶へ。

久しぶりのセッションは何時ものように和やか。

皆さん久しぶりの私を

あたたかく迎えて下さった。

近況報告をするよりも

ともに演奏し

腹の底から笑いあって

楽しいひとときだった。

昨年マスターが亡くなってしまって

続けて父も亡くした私は

歌いたい歌も浮かばない時間を長く過ごした。

先日のデュオライブで音の扉が再び開き

音楽や、仲間のおかげで

私の中に音楽が鳴り始めた。

来月はピアニストとしてセッションホストの御依頼をいただいた。

やっぱり

私の今世のお役目なんだろうか。

ありがとうございます、頑張ります!